ENTRY | 漫喜利 -MANGIRI-

アート4コマ 漫喜利 -MANGIRI-

 「アート4コマ公募展 漫喜利-MANGIRI-」は、「池袋アートギャザリング公募展 IAG AWARDS」を運営する「池袋アートギャザリング(IAG)プロジェクト」による、アートとマンガの垣根を超えた新たな才能を発掘し、世界に向けて発信することを目指す新企画公募展で、マンガの原点「4コマ」をモチーフとしたアート作品を年齢・国籍はもちろん、平面、立体、映像、インスタレーションなどのジャンルも問わず、募集・展示いたします。
 かつて「池袋モンパルナス」と呼ばれる芸術家たちのコミュニティーを生み、また、多くの有名漫画家たちが巣立っていった「トキワ荘」があった南長崎エリアを擁する豊島区は、現在、国際アート・カルチャー都市構想を推進し、東アジア文化の発信拠点であることを目指しています。
 そして、ルーブル美術館がマンガを9番目の芸術分野として認め、大英博物館が大規模な「マンガ展」を開催するなど、日本のマンガが世界的にアートの文脈においても注目される中、「アート4コマ公募展 漫喜利-MANGIRI-」は、豊島区ならではの、世界に向けた戦略的な公募企画として発案いたしました。
 IAG賞受賞者には、海外の有名アートフェアへの出品の権利も授与される他、入選・受賞者にとって大きなチャンスの場となるよう展開してまいります。
 凝縮された時間の流れとオチ感を基本とする4コマという制約を「自由」に解釈し、アートとマンガの境界を超えた、挑戦的な作品のご応募をお待ちしてします! 

< 主催 >
漫喜利-MANGIRI-実行委員会 (としま南長崎トキワ荘協働プロジェクト協議会)

< 企画・運営 >
池袋アートギャザリング事務局(一般社団法人 JIAN)

< 漫喜利審査員 >
・しりあがり寿 <SHIRIAGARI Kotobuki> 漫画家
・小田 雄太 <ODA Yuta> デザイナー、アートディレクター
・関谷 武裕 <SEKIYA Takehiro> トーチweb編集長
・中村ケンゴ <NAKAMURA Kengo> 美術家
・山内 康裕 <YAMAUCHI Yasuhiro> 東アジア文化都市2019豊島マンガ・アニメ部門事業ディレクター

< チーフディレクター >
・小路 浩 <SHOJI Hiroshi> 一般社団法人JIAN 代表理事、池袋アートギャザリング プロデューサー
< スーパーバイザー >
・山内康裕

入選者による展覧会

2020年5月に開催される「第15回 池袋モンパルナス回遊美術館」内イベントとして、
入選作家たちによる展覧会を、恒例の「IAG AWARDS EXHIBITION」と、東京芸術劇場内ギャラリーで同時開催!
会期中には、漫喜利大賞や来場者投票によるオーディエンス賞など、様々な賞を決定いたします。

アート4コマ公募展「漫喜利 -MANGIRI- 2020」

5月17日[日]~5月27日[水]

東京芸術劇場5階 ギャラリー2

募集要項詳細とエントリーはコチラから